読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

淳太くん

かわいい。髪型のフォルム。
さいこーにかわいい。
なんとも言えない服のおしゃれさ。
これで、28歳の男性。そして脱いだら鍛えられた身体。これで、ポニョってても全然許せるじゅんたくん。
もう、じゅんたという名前がかわいい。
じゅんた。
なかまじゅんた。
中間淳太
はぁーーーー、最高、彼がアイドルで最高。
バイリンガルの帰国子女、名門大学出身。
毎週、情報番組にレギュラーを持ち、宮崎先生にも気に入られる。賢いアイドル。

彼についていったら間違いない、絶対幸せになれる。
そう思わせてくれる。

旅立つ時

大学卒業まであと1ヶ月を切ったところ。
大学4年生どんな一年だったかなぁ。怒涛の就活を終え、無事に希望の就職先に内定を頂き、今まで残してきた単位を全て取り終え、無事に卒業が決まった。
 就活大変だったなぁ。内定先の一次面接の帰り、どうしようもなく涙が溢れて、自分の人生が不安になり、一瞬電車に飛び込む人の気持ちが分かってしまった自分がいた。電車で周りに気付かれないように泣き、帰り道は堪えることができず、涙を垂れ流しながら歩いた。周りの人に怪訝な顔をされながらも、気にする余裕もなく、家に帰った途端、お母さんの前で子供みたいに泣きじゃくった。
あぁ、思い出しただけで、また涙がでる。
人生ってこんなに辛かったっけ。人生についてこれほど考えたことは今までなかったなぁ、
就活を終えると一回り成長するというけれど、本当だ。自分の過去、今、未来に全力で向き合い、そして大人になるための準備をする。
今年の就活生が、もう動き始めた。あの何とも言えない、ちぐはぐなリクルートスーツを見ると、がんばれって思う。彼らが、結果に一喜一憂して、自分を認められたり、否定されることに耐性をつける経験をつんでいくんだと思うと応援したくなる。そして、それを経験した私は少し自分を誇らしくなるのだ。シャンとしたスーツを着てる後輩を横目に、私はいそいそと今日も卒業までの時間を謳歌する。